亀有に行ってきました

 久しぶりの亀有なのにまたまたカメラを忘れました。
 スマホも忘れました。
 なので、いつも通り文字だけのブログです。
 駅に着くとホームから写真を撮っている人がいました。
 改札の周りも写真を撮る人ばかり。
 私は、連載開始当時からあのマンガはあまり好きではなかったので、
 盛り上がる人たちの気持ちがまったく理解できません。
 で、駅前のイトーヨーカドーの9階にあるかめありリリオホールで、
 キャラメルボックスの『嵐になるまで待って』を観ました。
 12列7番の席は、通路から遠く、座りづらい場所でした。
 で、芝居。
 ユーリ役の原田さん、波多野役の鍛治本くん、高杉役の毛塚くんが良かったです。
 幸吉と津田の衣裳の雰囲気が似ていて、それを演じた一色くんと関根くんの体格が似ていて、
 何度かどちらなのか混乱しました。
 ユーリの衣裳がダークな色合いなのがちょっとどうかなのかなと思いました。
 悲しい芝居であることを暗示していたのでしょうか。
 あとは、滝島役の客演の久保さんの芝居。
 やはり少しキャラメルボックスの芝居と違っていて、
 ちょっとやり過ぎてしまっているように見えました。
 そういう芝居が好きな人も多いようで、とても受けていましたが。
 次に11月3日に観る所沢市民文化センターミューズのマーキーホールまでに
 どれくらい変わるのか楽しみです。

[PR]
Commented by M.K at 2016-09-25 14:43 x
失礼します、M.Kです。
昨日、僕も「嵐になるまで待って」を観劇しに行きました(埼玉公演を観るつもりが諸事情により行けなくなり…)。
八年前の作品を再放送で見ていたのでストーリーは知っていたのですが…やはりナマの舞台は違うと再認識させられました。鳥肌スゴかった…。
滝島さんについては同意です。ギャグに走りすぎててシリアスな雰囲気を感じられなかった、というか…。

ところで、僕の記憶違いでなければ、確かダークな色合いの衣裳だったのは、ユーリでなくて雪絵だったと思うのですが…?

今回もキャラメルさんのオーラに圧倒され、観に行ってよかったと思える舞台でした!
クリスマスツアーも楽しみです。
Commented by kawagoenishi at 2016-09-25 21:54
> M.Kさん
雪絵も暗い雰囲気でしたが、ユーリも暖色系の明るい色ではなくて、
黄土色のシャツの上に黒いタンクトップ風のカットソーではなかったでしたっけ?
自信はないですが。
で、どなた気になります。
Commented by M.K at 2016-09-26 00:31 x
返信ありがとうございます!

思い返してみると、確かに黒っぽいカットソーだとは思いましたが、確か下のシャツはオレンジに見えたような?
だから自分はあまりダークな印象を感じなかったのかと思います…。

あ、突然コメント失礼しました‼︎誰だか分かりませんでしたよね…
豊岡高校演劇部のOBです。
いつもブログ拝見しています。
Commented by kawagoenishi at 2016-09-27 07:31
ゴメンなさい、
何度もコメントもらっているのに
うっかり忘れていました。
西部Bからのブロック代表は、飯能高校だけとなりましたね。
どんな芝居だったんでしょう?
                        mom

           
Commented by M.K at 2016-09-27 22:59 x
いえ、ちゃんと名乗らずにいて申し訳ありませんでした…‼︎

飯能高校さん、観に行きました。
「死神達が、死の淵に立たされた人間達に選択肢を与えて、人生をやり直すか元来た道を進むか選ばせる。が、その死神も実は…」
といった話だったと思います!

今回も飯能さんならではの独特なお芝居で、個人的にはとても楽しめました!
中央大会も楽しみです。
by kawagoenishi | 2016-09-24 20:26 | 演劇 | Comments(5)

元?高校の演劇部の顧問のほぼ日記です。