人気ブログランキング |

<   2017年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 夏休み中にふと、
 構想が甘いことに気がついて、
 それで1から計画を練り直して、
 資料の準備には、苦労しました。
 でも無事に終わって良かったです。
 次の6時間目のホームルームは、
 被服室を借りてビデオ鑑賞をしました。
 『ルパン三世 死の翼アルバトロス』
 私は2回目の鑑賞で、久しぶりでしたが、
 そのデキの良さに感動しました。
 『カリオストロの城』を短くしたような物語でしたが、
 20分ちょっとをまったく休むことなく動いていました。
 放課後は4日連続で会議でした。



by kawagoenishi | 2017-09-28 20:10 | 日記 | Comments(0)

忙しい水曜日

 朝は基礎トレ、掃除、クラス通信を書いて印刷。
 授業を4コマやって、
 放課後は3日連続の会議でした。
 今日も空き時間に仕事がいろいろあって忙しかったです。
 授業が4コマあると
 空き時間にたくさんプリントの添削をしなければならず、
 会議の後にも添削が続きました。
 日曜日の疲れが抜けないから1日中だるいのだと思っていたけど
 原因は、季節の変わり目だからでしょうか。
 寒くなってきたからか
 職場のあちこちにGがひっくり返っています。
 Gがひっくり返る季節なのだから、
 人間も疲れが取れないのかも知れません。
 
 

by kawagoenishi | 2017-09-27 21:48 | 日記 | Comments(0)

楽なはずの火曜日

 朝は教案変更によるプリントの書き換えから始まりました。
 空き時間に学年便りを書いたり、
 校長との人事に関する面談があったり、
 明後日の進路HRの資料の印刷があったり、
 放課後に会議があったりと
 ずっと仕事がありました。
 2学期中考査の準備を始めたら、
 数学Aの今後の授業の計画の問題点に気がついたので、
 数学Aについて授業計画の変更をお願いする文書も書いて教科担当に配布しました。
 年度半ばで変更をお願いするのはちょっと恥ずかしいですが、
 仕方がないです。
 仕事の合間にコーヒーを3杯飲みました。
 始業前に2杯飲んで合計5杯。
 Kさんと地区大会での芝居の話をしたいけど、
 今日も会話はゼロでした。
 Kさんは授業の持ち時間が多いので、
 空いている時間が少ないのも原因しています。
 今日でクラス通信が120号になりました。
 12年振りのクラス通信。
 思ってたより発行できています。

by kawagoenishi | 2017-09-26 20:15 | 日記 | Comments(0)

疲れたみたいです

 深谷へ往復して、芝居6本の観劇は、
 さすがに疲れたみたいです。
 しかも寝る前に劇評を書いたので、
 睡眠時間は5時間を切りました。
 といっても土曜日はたくさん寝ましたけどね。
 なのに
 今日は、放課後の会議が終わったときにはヘトヘトでした。
 季節の変わり目で朝夕の温度差は激しいし。
 このまま今週は誤魔化し誤魔化しやることになるかも知れません。
 夕方、明日の1限の教材というか教案のミスに気づいたので、
 明日も忙しそうです。
 
 
 

by kawagoenishi | 2017-09-25 20:00 | 日記 | Comments(0)

閲覧注意です。
本庄高校以外まったく褒めていないので。
馬鹿にしたりとか、けなすために書いているのではなく、
より良い芝居作りに役立てばと思って書いています。

東京成徳大学深谷高校『銀河のかたすみで』作:ダニエル藤井
はりとらのインターネット台本。
台風が迫っている地方のローカルFM局で、
パーソナリティが来れずに、
そこにいるスタッフたちで番組を作るというショーマストゴオン物でした。
まず、台本にリアリティーがまったくありません。
登場人物の誰ひとり番組を真剣に必死に作ろうという意識も行動もないからです。
セリフを相手に届ける意識を持っている役者もほぼいなかったです。
だから台詞を受け取る役者もいませんでした。
皆、誰に向かってセリフを喋っているのか不明確でした。
近藤役の役者さんは滑舌が悪すぎて、
元DJとは思えませんでした。
香織役の役者さんは声を張らないセリフが目立ちました。
客席で芝居をする理由もわからなかったです。
大道具はありものが多いのはイイとして(ただし、FAXを置いた棚はダメです)、
作りのいい加減なドアパネルは残念でした。
あのデキならない方がイイです。
衣裳もメイクもラジオ局のスタッフらしくなかったです。
みんな高校生みたいでした。


正智深谷高校『Damn! 舞姫!!』作:関勝一
最近人気の高校演劇台本。
どうやっても面白くなる台本なのだと思っていましたが……。
総合的学習の時間の課題で森鴎外の『舞姫』について
研究発表しようという7人グループの奮闘。
一番気になったのは、芝居が途切れることです。
シーンごとに練習することが多くて、
あまり通し稽古をしなかったのでしょうか。
ちょっと盛り上がるけどパタッとテンションが下がる、の繰り返しでした。
だから芝居が積み重なっていかなかったです。
そのためか山口くんでもあまり笑いが取れず、空回りしていました。
皆がエリスに感情移入し盛り上がっていくという流れもできませんでした。
恋愛に対しては待つだけであった女性だけれど、
自ら行動していいのだという気づきがどこまで作れたのか。
幕開けの机の並び、6人の位置取りも集団にならず不自然でした。
エリス役の役者さんは声が小さすぎでした。
最後にダンスしたけれど、
ダンスの練習をするのだったら、
もっと本編の芝居をしっかり作ってほしかったです。


児玉高校『チャイムが鳴る瞬間』作:尾崎由香(生徒創作)
鏡の中の世界に迷い込んだ姉妹の話。
お互いの誤解が解けて、姉が妹を助けるという話だったのだと思います。
ちょっと無理があったけど、生徒創作としてはそこそこ書けていたと思います。
まず、音響のレベルが多き過ぎてセリフがだいぶ聞き取れませでした。
レベルチェックしたのでしょうか。
また、照明もフォローピンだけの芝居が多かったです。
すなわち、芝居の作り方をあまり理解していないのだと思います。
もしかすると、トラブルがあったのかも知れません。
衣裳も姉の衣裳はたぶん白いTシャツと体育のハーパンでしょう。
妹の衣裳を白でまとめたのなら、
姉の衣裳は赤とか黒とかでまとめて対比させたかったです。
たったそれだけのことで雰囲気は良くなるものです。
姉役の尾崎さんは声が良かったのですが、
残念な舞台となってしまいました。
次回作、頑張ってください。
  
本庄高校『やさしいひと』作:RN(顧問創作)
幕開けすると、たくさんの吊された傘。
照明の色の入れ方も良かったです。
外は雨、教室で渚が推薦入試の願書を探していると
普段話したことがないクラスメイトの芽生がやってきて……。
ほぼ3人の芝居。
芽生と親友だけど問題児の灯里との回想などが差し込まれて
物語が積み重なっていきました。
場面転換が鮮やかでした。
吊された傘を1本ずつ取り外して飛ばすのが綺麗でした。
芽生の押さえた芝居が素敵でした。
芽生の心の闇に少しだけ触れられたような気がして、
ちょっと感動しました。
と、珍しく褒めたので、ここからは問題点を。
照明の使い方、特に舞台前に出た役者が暗すぎでした。
それ以外でも舞台で芝居をしている役者にはもう少し灯りがほしいです。
舞台が狭かったから仕方がないけど、
投げた傘の位置を変えるのはやめてほしかったです。
というか、投げた傘に触ってほしくなかったです。
だって、そうでしょう?
この芝居は傘が中心点にあるのだから。
3人の造形(衣裳・髪飾りとか)にもう少し差がほしかったです。
歌がもっと上手くないとと事務局長のSさんが言っていました。
さいたま芸術劇場でもう一度みたいねと、
Sさんと話しました。
めずらしくSさんは途中で寝なかったそうです。

深谷第一高校『リターン~僕らの秘密基地』作:深谷第一高校演劇部
生徒創作なのでしょうか?
顧問の手が入っているように思いました。
一応筋が通っているので。
何者かに拉致された4人(うち1人幽霊)がそこからの脱出を試みる。
犯人から2つの謎を解くように言われて、その謎を解く。
そのうちに4人が10年前に同じ養護施設で暮らしていたことに気づく。
謎を解いてみたら閉じ込めたのはその養護施設の施設長とその娘であったことが判る。
閉じ込められた場所もかつて4人が遊んでいた秘密基地だった。
というストーリーでした。
脱出ゲームを芝居にしたかったんですね。
でもそれだけでは芝居にはなりません。
芝居にはリアリティーというものが必要で、
かつての施設長が、
薬物を使って高校生を拉致するなんてことはあり得ないです。
役者は悪くなかったです。
声も出ているし、芝居もそこそこできるし。
もっとちゃんとした台本をちゃんと芝居にすれば良かったのにと思いました。

深谷商業高校『夢遊少女-Dream Girls-』作:別役慎司
台本の出典は不明です。
夢遊病を患っている少女がかつて3人いた。
そのうちの1人が自殺してしまい、
その少女の担任は、仕事を辞めて事件の真相を追っている。
新たに1人の少女が夢遊病で入院してくる。
3人の夢遊病の少女が集まると、
3人の夢遊病症状で人格が変わり、
それが同調すると未来が予知できることがわかり……。
声も出ていたし、役者は悪くなかったけど、台本がダメでした。
だって台本にまったく説得力なし。
夢遊病なのか多重人格なのか。
大道具の木の枠も段ボール製のTOY BOXも今ひとつ。
入院した患者がいつまでもセイラ-服着ているのも変。
とにかく芝居が突然終わってしまってビックリしました。
まさか、主人公が担任だったとは
芝居が終わるまで気がつきませんでした。
暗転が多かったというか、必要なかったです。

深谷地区の皆さんへのお願い
①カーテンコールをやめてください
 特に緞帳前のカーテンコールは不自然なのでやめてほしいです。
 芝居の余韻を観客に味あわせてほしいです。
 スタッフの紹介はいらないです。
スタッフは裏方だからです。
②パンフレットに
 台本の作者名、台本の出展、
 顧問創作・生徒創作・顧問生徒創作・生徒顧問創作のいずれであるかを
 書いてほしいです。これは作品の著作権の問題です。
 顧問名を書いてほしいです。責任者を明確にしてほしいからです。
 キャストとその役者名をわかりやすく書いてほしいです。
 難しいキャスト名にはふりがながほしいです。
 役者の学年を書いてほしいです。
 これらは、観劇の助けになるからです。
 役者の出身中学校名もほしいです。
 これは、演劇部員を増やす助けになると思うからです。


by kawagoenishi | 2017-09-24 23:16 | 演劇 | Comments(0)

 1ヶ月振りの深谷です。
 朝、6時45分に家を出ました。
 新宿湘南ラインが人身事故のためストップ。
 そのため池袋から埼京線、高崎線を乗り継いで深谷に行きました。
 深谷駅から歩いて15分。
 深谷市民文化会館に到着。
f0362589_21003678.jpg
















青空の下に、かすかにキンモクセイの香が漂っています。
f0362589_21003968.jpg

















中に入ると深谷のアイドル
f0362589_21004241.jpg

















ふかっちゃんです。
10時から6校の芝居を見ました。
午前中には、演劇連盟副会長の伊奈学園高校の副校長Sさん、
午後には、関東高等学校演劇連盟事務局長で狭山清陵高校顧問のSさんがいました。
で、まったく期待しないでの観劇でしたが、
思わぬ掘り出し物と出会えました。
本庄高校の『やさしいひと』作:RNです。
作者が顧問だと言うことは、事務局長のSさんが教えてくれました。
この深谷地区の審査をしたこともあるし、
今回3回目の深谷地区大会だと思うのですが、
過去の本庄高校の作品の記憶が全くないのでビックリです。
川越・坂戸地区と同じAブロックで、
ここまでで1番のデキでした。
問題点もいろいろあったけど、
完成度(特に演出)が群を抜いていました。
地区大会レベルでこんなに感動したのは、
昨年の新座高校以来です。
21時に帰宅したので、
詳しい劇評は、明日以降に掲載するつもりです。

by kawagoenishi | 2017-09-24 21:13 | 日記 | Comments(0)

 昨日は、会議が終わったのが18時5分だったので、
 帰宅途中に田うどんで食事をしました。
 なので、休肝日。
 このところ夜は、350のビールを2缶しか呑まない様にしているので、
 それほど肝臓に疲れを感じていません。
 今日は、ベネッセのスタディーサポートという模試だったのですが、
 休みの人の代わりに監督に入ったりしたので、
 忙しくなっていまいました。
 放課後に会議もあり、
 その後仕事をしたので、
 職場を出たのは18時半過ぎ。
 2日続けての休肝日となりました。
 夏に増えた体重がなかなか減らなくて困っています。

by kawagoenishi | 2017-09-21 21:06 | 日記 | Comments(0)

 審査員でもないのに芝居に順位をつけるなんて馬鹿らしいと思いながらも、 
 でも審査員が順位をつけるのだから、
 それと私の評価との違いも気になるしと、
 日曜日から逡巡していました。
 でもやっぱり書くことにしました。
 ここに書くネタがないからです。

 1日目で一番良かったのは川越です。
 しかし、役者の演技力に大きな問題を感じたので、
 押しの1番ではありませんでした。
 川越の作品が創作台本だから1番なのだと
 言ってしまったら言い過ぎですが、
 ストーリーに破綻がなくて、
 物語が伝わってきたのは、
 川越高校だけでした。
 2日目。
 筑坂は、難しい台本に振り回されていた様に感じられ、
 作品としては川越と比べて今ひとつ。
 星野は元気もいいし、会話もそれなりにできているので、
 正直、川越と星野とはほぼ互角、
 あえてどちらを押すかと言われたら、
 やっぱり、創作である川越の方を押すと判断しました。
 最後の県坂は、役者が元気で、
 だからエネルギーも伝わってくるし、
 セリフのやりとりがしっかりしてるし、
 ストーリーも筋が通っているしと、
 劇評ではたくさんダメだししましたが、
 川越や星野よりも頭一つリードしていたように感じました。
 でも、星野の衣裳を評価する人もいるだろうなとか、
 人によってはその台本が好きだからと筑坂を押す人もいるだろうなと思いました。
 同僚のKさんと話してみたら、
 感想にあまり差がないように感じました。
 なのでちょっと安心。
 観劇した高校生たちだったらどんな審査をするのでしょうかね。

by kawagoenishi | 2017-09-20 21:41 | 日記 | Comments(0)

2週間振りの基礎トレ

 ランニングしたかったけど、
 まだちょっと右膝が不安で諦めました。
 なのでいつもと同じ基礎トレ。
 でも久しぶりに右膝を曲げて左足にのせることができました。
 授業は2時間しかなかったけど、
 空き時間に事務仕事をこなしたり、
 来客応対している間に、17時を過ぎました。
 主に進路HRの準備をしていて、
 文書入力をしたり、
 ネットで探した資料をまとめています。

クチオくん、誕生日おめでとう!

by kawagoenishi | 2017-09-19 17:19 | 日記 | Comments(1)

車のための1日

 11月の車検を前に、
 ヒビが入ったフロントガラスを交換する予約を取りに
 専門店に行きました。
 安くても5万円の出費になります。
 交換後は1日車が動かせなくなるので、
 それも面倒です。
 お店に行って車を見てもらったら
 ヒビが小さいのでリペアーで対処できそうだと言うことでした。
 それなら2万円かかりません。
 続いてスバルのディーラーに行きました。
 リコールの通知が来たからです。
 待っていればすぐに直してくれるということで、
 90分待ちました。
 うっかり本を持ってくるのを忘れたので、
 仕方がないのでその間ずっと埼高演連顧問のIさんのブログを読みました。
 ロシア旅行記。
 大量の写真だけでなく、文章もてんこ盛りなので、
 文化祭期間で忙しくて読めなかった部分を全部読むことができました。
 車の修理も終わり、
 フロントガラスの修理は、週末に決まりました。

なぎ、誕生日おめでとう!
 


by kawagoenishi | 2017-09-18 21:47 | 日記 | Comments(0)

高校の演劇部の顧問のほぼほぼ日記です。