人気ブログランキング |

劇評です。
独りよがりです。
好き勝手に書いてご免なさい。 

Aブロック
高知 シャカ力『大好きなものを食べる』作:行正忠義
 身体は男性で心が女性の性同一性障害の3人が肉を焼きながら雑談して、
 焼けた肉を食べる話でした。
 3人のうち1人を女性が演じたのに疑問でしたが、
 それより性同一性障害の方である必要があるのかも疑問でした。
 焼いた肉が何であるかからかも知れませんが、
 だとしても最後に3人が食べた肉が何であるかの謎への収斂も上手くいっているように思いませんでした。


島根 亀二藤『酒とお蕎麦と男と女』作:亀尾佳宏
 作者は、高校演劇の人です。
 役者としても出演しました。
 蕎麦屋に武士がやってくる。
 蕎麦屋の主人と武士が向かい合って話をしている。
 奥では目が見えず話すのも不自由な蕎麦屋の妻がネギを刻んでいる。
 武士の蕎麦屋の主人のそして妻が誰なのかが明らかになってくる。
 テーブルを挟んで、武士が上手、そば屋が下手に座っていて、
 その手前に刀が置いてあるのがとても気になりました。
 武士の左側になるからです。
 武士は絶対に刀を左側に置かないはずです。
 でも演出的に刀を客席側に置きたかったからでしょう。
 だったらどうして武士と蕎麦屋主人の座る位置を上下逆にしなかったのでしょう。
 そうするとミザンスがしっくりこない。
 ありがちなストーリーでしたが、
 楽しめる芝居になっていたのに、
 守るべきルールを守らないのは残念でした。


『机上の空論』作:武重守彦
 演劇ユニット・めがね堂の作者の作品が、応募戯曲で選ばれて、
 平泳ぎ本店という劇団の方々が上演しました。
 複雑な入れ子状の面白い芝居でした。
 締め切りまでに原稿が上がらない小説家。
 原稿が欲しい編集者は、作家志望の男の持ち込み作品を小説家に渡す。
 小説家はそれを書き換えて口述筆記する。
 口述筆記を文字おこしするのはその作家志望の男。
 書き換えた作品は、作家志望の男の生活をなぞっているかのようなものになっていく。
 8作品で文句なく一番楽しめました。


神奈川 チリアクターズ『くよくよ、迂回』作:大島寛史
 町おこしのために祭の企画を立てようとする3人。
 その3人は幽霊でもあったが…。
 シュールな設定でしたが、それほど面白さにつながりませんでした。
 でも問題は役者の技量で、
 前の3作品の役者に比べると、
 力不足は否めませんでした。
 舞台経験が少なくて、
 まだまだ芝居が固まっていないように見えました。

Bブロック
東京 架空畳『彗星たちのスケルツォ』作:小野寺邦彦
 書店で本を万引きした女性と万引きGメンの話。
 なぜ女性は万引きしたのか。
 女性は夫とガラパゴスへ旅行し、そこで様々なことが起こり…。
 というシュールな作品です。
 それを様式的な動きと早口でセリフをまくし立てる演技。
 ストーリーよりもその独特な演出を見せるための芝居なだと思いました。
 演技に関しては柿喰う客と近いものを感じました。

韓国 劇団同感『代案家庭生態報告書』作:朴書慧(パク・ソヘ)
 父、母、その息子と嫁と孫、時々やってくる息子の弟。
 この6人の家族についての報告。
 嫁はこの家族に嫌気がさしこの家を去り、
 数十年後一人っきりになった息子は孤独となり…。
 嫁の問題を描くのは、日本ではもう朝ドラぐらいの様な気がします。
 少なくとも芝居のメインのテーマにはなりづらいのではないかと思いました。
 それは韓国の方がまだまだ儒教の影響が強いからでしょう。
 韓国語で上演されたこの作品は、
 字幕が出ましたが、どうしても字幕ばかり見てしまうのと
 字幕のズレがとても気になりました。

神奈川 theater 045 syndicate『ヨコハマ箪笥事情』作:佃典彦
 大阪に旅立つ息子に新幹線代を渡すために
 箪笥とともに質入れされて7年が経った男の一人芝居でした。
 隣の観客は笑っていましたが、
 私にはまったく笑えませんでした。
 男が語る息子が酷い奴だし、
 男にもまったく感情移入できないし、
 どうやってこの芝居を楽しんでいいのか判りませんでした。

宮城 Gin's Bar『前夜』作:井伏銀太郎
 結婚式を翌日に控えた男のところへ結婚相手の女がやってくる。
 女は男のかつての婚約者の妹だった。
 婚約者とその両親は震災で亡くなった。
 両親の遺体は、安置所で見つかったが、遺体は見つからなかった。
 ストレートな芝居でした。
 きちんと演じられれば、それなりに感動できただろうと思いました。
 でも感動できませんでした。
 その原因は、20分に収めるために、必要な間が作れなかったからだと思います。
 間がなくて、感情が収まる前に流されてしまっていました。
 でも、本当の原因は、役者の技量だと思います。
 高校演劇へのダメ出しみたいで申し訳ありませんが、会話になっていないです。
 セリフを届けないし、セリフを受け取らない。
 さらに、家族を震災で失った、結婚を翌日に控えた、
 そういう登場人物の微妙な感情がまったく作られていないと思いました。


by kawagoenishi | 2018-01-28 00:58 | 演劇 | Comments(0)

横浜に行ってきました

第3回神奈川かもめ短編演劇祭を観に
横浜の神奈川芸術劇場へ。
所沢11時半発のFライナーに乗って元町・中華街へ。
12時50分ぐらいに到着。
中華街を歩いたけど、入りたい店がなくて
ハンバーガーを食べました。
そして、神奈川芸術劇場へ。
f0362589_23361728.jpg






















兄にお願いしたチケットの席は、客席中央の一番イイぐらいの席でした。
着席したら隣の席の女性に挨拶されて、
相手の顔を見たけど名前が浮かばなかったら
「(キャラメルボックスの)白坂です」と自己紹介されて誰だか判りました。
失礼しました。でも、会話したのは、電話以外では初めてだと思います。
で、14時からAブロックの20分の芝居を4本観ました。
2本面白かったです。
その後アフタートーク。
f0362589_23362042.jpg





















16時に終了し、次の19時までの時間つぶし。
中華街に行って、
f0362589_23362306.jpg

















f0362589_23362681.jpg

















 





人気ランキングの高い焼売屋さんで、
チャーハン(焼き飯)と焼売を食べました。
しかし、チャーハンは量が多いだけでまったく美味しくなかったです。
すごく残念。
その後、元町に行って、
ついカワイイコーヒー入れ用のポットがあったので買ってしまいました。
もとまちユニオン本店の2階で珈琲を飲みながら読書。
18時半ごろ劇場に戻ってまた読書。
Bブロックの20分4本を観ましたが、
楽しめた作品はありませんでした。
そのまま帰宅。
帰りはFライナーがなかったので、
時間がかかりました。
川越線と違いドアが開きっぱなしなので寒かったです。


by kawagoenishi | 2018-01-27 23:38 | Comments(0)

やっと車に乗りました

 職場の駐車場からやっと脱出。
 帰宅途中は、狭山PAの裏の道に
 雪の固まった氷が道一面に残っていて、
 タイヤが滑りました。
 帰り道に灯油を購入。
 実は、灯油の予備がなくなっていて、
 ファンヒーターのタンクが空になったら、
 おしまいだったのです。
 だから少し強引に車で帰宅しました。
 帰宅しての駐車場も、
 スペース全面に雪が残っていましたが、
 強引に駐めました。
 駐められそうもなかったら、
 来客用スペースに駐めるつもりでしたが、
 そうしないで済みました。

by kawagoenishi | 2018-01-25 23:39 | Comments(0)

今日も電車通勤

 今朝の時点で、
 まだ自宅の駐車場に車は駐められそうにありません。
 なので、たぶん明日も電車での出勤でしょう。
 今日の電車は、時刻通りの運行でした。
 しかしとっても寒かったです。
 出勤したら、
 まだ車は動きそうにありませんでした。
 車の周りを雪かきしたら、
 少し固まっていたけど、
 まだまだ雪はサラサラでした。
 どうやら昨日の雪かきの疲れのために
 ちょっと疲れを感じています。

 

by kawagoenishi | 2018-01-24 21:38 | 日記 | Comments(0)

通勤に苦労しましたね

 今朝は、4時15分に起きました。
 雪は止んでいました。
 ネットで調べると電車は平常運転とのこと。
 川越まわりで行くつもりでしたが、
 5時9分発の飯能行きに間に合いそうなので、
 西所沢を目指しました。
 しかし、電車は西所沢で6分遅れ。
 しかも乗ってみたら低速運転でした。
 飯能には9分遅れで着きました。
 西武秩父行きの接続に間に合わないかと思っていたら、
 待っていてくれました。
 乗り継ぎ電車は、すぐに発車。
 東飯能へ着くと、その時点で10分遅れでした。
 電車が着いたのは11分遅れで出発。
 武蔵高萩の駅を出ると、
 倒木の恐れがあるからと徐行運転になりました。
 予定より20分遅れて駅に到着しました。
 駅から職場を目指します。
 途中の小畔川で、
f0362589_15570359.jpg

















 川から霧が立ち上がっていました。
 もう少し進むと、
f0362589_16023683.jpg

















f0362589_15570953.jpg















 
 
 水が抜けた田んぼからも霧が立ち上げっていて、
 とてもげ幻想的な風景になっていました。
 帰りも同じような風景に出逢えました。
f0362589_16365160.jpg

















f0362589_16365646.jpg









by kawagoenishi | 2018-01-23 22:55 | 日記 | Comments(0)

雪が降っちゃった

 雨になるのを期待していたけど、 
 雪になってしまいました。
 しかも職場の前の道は、雪に覆われてしまいました。
 ノーマルタイヤなので、
 車での帰宅は諦めました。
 私は2時間早引きしました。
 笠幡駅は人だらけ。
 八王子行きの電車に乗ったら、
 この電車をもって、川越線・八高線の直通運転は、休止になると放送が。
 ギリギリ間に合いました。
 東飯能駅から飯能駅まで歩いて、
 ちょっと遅れた電車に乗って西所沢へ。
 駅前に焼き鳥・串揚げの店がオープンしていました。
 そこで夕食を買って帰りました。
f0362589_15525354.jpg
















 釣り堀の隣の細い道の竹が雪の重みでお辞儀していました。
 この道を抜けると、蛭子能収さんが住んでいたところに出ます。

by kawagoenishi | 2018-01-22 21:48 | 日記 | Comments(0)

埼玉医科大学病院へ

 母の病気のセカンドオピニオンを聞きに行きました。
 自宅から60分だろうと考えて、
 待ち合わせ時刻の90分前に家を出ました。
 結果、45分で着きました。
 近くのコンビニで時間を潰しました。
f0362589_15421935.jpg

















 目的地は、この建物(埼玉医科大学病院)ではなく、
 国際医療センターです。
 着いたら義姉もいました。
 9時に受け付け、
 10時から医師の話を聞きました。
 とても参考になりました。
 終わってお茶をしようとして、
 病院内にあるスタバで買った
 アイスティーをぶちまけてしまいました。
 恥ずかしかったです。
 解散し、自宅に戻り、
 床屋に行って、
 川越に出てコーヒーを買いました。

by kawagoenishi | 2018-01-20 21:40 | 日記 | Comments(0)

北関東大会
 会場:群馬県桐生市市民文化会館シルクホール
 1月20日(土)
  10:00~11:00 長野県丸子修学館高校『流転とらとら』原作:中島敦 脚色:松崎晃・丸子修学館高校演劇部(創作)
  11:20~12:20 太田市立太田高校『木』作:藤井絵里
  12:40~13:40 埼玉県立越谷南高校『宵待草』作:斑鳩里志(顧問創作)
  14:30~15:30 高崎商科大学附属高校『8月5日(晴れ)』作:高崎商科大学附属高校演劇部(創作)
  15:50~16:50 長野県松本美須々ヶ丘高校『M夫人の回想』原作:W.シェイクスピア 翻案:郷原玲
  17:10~18:10 栃木県立栃木高校『卒業』 作:栃木高男(創作)
  18:30~19:30 新潟県立新津南高校『きゃききゅけきょ』作:吉田勉(創作)
 1月21日(日)
  10:00~11:00 埼玉県立秩父農工科学高校『Solid Black Marigold』作:コイケユタカ(顧問創作)
  11:20~12:20 新潟県立新潟南高校『わたしの星』作:柴幸男
  12:40~13:40 東京都立武蔵野北高校『志望理由書』作:いぐりんとその仲間達
  14:30~15:30 群馬県立桐生高校『鈴音』作:濱口勇人(創作)
  15:50~16:50 栃木県立宇都宮女子高校『レンズを覗いて』作:福田安紀(創作) 

南関東大会
 会場:山梨県立県民文化ホール(コラニー文化ホール)
 1月27日(土)
   9:50~10:50 麻布大学附属高校『ほらあ』作:あいともき(創作)
  11:05~12:05 北杜市立甲陵高校『ただいま』作:阿部雪音・入山実と演劇部(創作)
  12:20~13:20 神奈川県立厚木高校『みえにくいアヒルの仔』作:越智優
  14:05~15:05 東京都立片倉高校『脱 -DATSU-』作:奥山樹生・古川佑紀(創作)
  15:20~16:20 山梨県立北杜高校『Party People』作:岩間光浩と演劇部(創作)
  16:35~17:35 千葉県立成田国際高校『#ミサイルが日本列島を飛び越えていった日 やっぱりあたしたちは部室にいた』作:伊三野友章+成国演劇部(創作)
  17:50~18:50 浜松聖星高校『オデュッセイア』原作:恩田陸 脚色:川口多加(創作)
 1月28日(日)
   9:30~10:30 茨城県立日立第一高校『信号機』作:演劇部と豊田郁央(創作)
  10:45~11:45 東京都立保谷高校『部別れ』作葛生大雅
  12:00~13:00 千葉県立松戸高校『Time After Time(「インディアンサマー」より)作:阿部順(創作)
  13:45~14:45 山梨県立甲府南高校『バスに乗る、九月、晴れ、帰り道』作:中村勉(顧問創作)
  15:00~16:00 茨城県立土浦第二高校『そらいろのスニーカー(原題「きよしのスニーカーブルース」より)』作:清水のちお
  16:15~17:15 静岡県立三島北高校『またね。』作:田所千鶴(創作)

by kawagoenishi | 2018-01-17 21:17 | 演劇 | Comments(0)

 当然、数学Ⅰ・Aと数学Ⅱ・Bです。
 いつもの様にクセのある問題だったり、
 必要以上に面倒くさい計算を要求する問題が多かったですが、
 新課程になってからでは、
 一番簡単だったように感じました。
 とは言え、不自然な感じの選択問題が増えていたので、
 受験生は苦労したかも知れません。
 咳が治まったかと思って薬を飲むのをやめたら、
 今朝は再び咳が出てきました。
 微妙に風邪の状態が続いているみたいです。
 人間ドックの結果が送られてきて、
 肝機能が要経過観察になっていました。
 なので、今日は今年4度目の休肝日です。
 

by kawagoenishi | 2018-01-16 21:10 | 日記 | Comments(0)

朝、ズボンが・・・

 毎朝8時10分から遅刻指導を行っています。
 前の月の多遅刻者に清掃活動をしてもらうのです。
 私は、今朝もベンチコートを着て外に出ました。
 今日は竹箒を使っての掃き掃除ですが、
 あまり落ち葉がなくてつまらなかったので、
 雑草を抜いていました。
 しゃがんで草を抜こうとしたら、
 後ろからビリビリという音が聞こえました。
 ベンチコートは破れていません。
 代わりにチノパンのお尻の縫い目が裂けていました。
 普段だったらしゃがむときに足を開きますが、
 ベンチコートを着ていると足が開かなかったので、
 お尻にテンションが強くかかったようです。
 替えのズボンはないので、
 1日ズボンの上にウインドブレーカーをはいて過ごしました。
 体育着で授業をするのは20年振り2度目です。
 20年前は、体育祭が延期になって授業に変わったためにジャージで授業をしました。
 まさか突然こんな目に遭うとは!
 帰りにズボンを脱いで確認したら、
 20cmぐらい裂けていました。
f0362589_21011982.jpg












 




縫い合わせてもう一度はこうか迷っています。
 

by kawagoenishi | 2018-01-15 20:56 | 日記 | Comments(0)

元?高校の演劇部の顧問のほぼ日記です。